世界へ逃飛行

ごく普通の26歳 海外・国内旅行、バックパッカー、一人旅などについてのブログです

山口旅行1日目~驚愕の宇部ラーメン!?~

こんばんは、光です!

 

 

タイのブログの途中ですが、先日2月22〜24日の三連休で山口旅行に行って来たので記憶が薄れない内にブログにしよう!ってことで1日目・2日目・3日目と分けて書いて行くのでよろしくお願いします!

 

 

と言うことで、今日は1日目。

 

 

そもそも僕が住んでいるのは島根県松江市という場所です。

ちなみに生まれも育ちも松江市

 

 

今回の山口旅行はその松江市から彼女とマイカーで出発!

 

 

 

僕はもちろん彼女も旅行が好きなんですけど、旅行の予定をビッシリ埋めるというよりも余白の時間を設けてのんびり時間に追われずという方が二人共好きなので1日目は完全に移動日。

 

 

松江を出発したのは若干遅めの10時頃。

 

車で旅行の際は毎回お決まりのコンビニに寄ってから出発ということでお菓子やらコーヒーやら旅行のお供を蓄えて、いざ出発!

 

 

松江〜山口はナビでは5時間の距離。

昼食も何も決めてなかったので「お腹が空いたら適当にお店入ろっか〜」ってことで他愛もない話や好きな音楽を聴きながらのんびり車を走らす。

 

 

 

僕「そろそろ飯食わん?」

 

彼女「うん、お腹減ってきた!」

 

 

 

とは言いつつも辺り一面、田んぼ・山・川。

 

 

飲食店どころかコンビニすらない・・・・笑

 

 

 

空腹に耐えながらもうしばらく車を走らせて見つけたのが

 

 

島根県津和野町にある「道の駅 シルクウェイにちはら」の看板。

 

 

f:id:hikaru0066:20200226214636j:plain

 

 

ド田舎の道の駅だし全然期待してなかったけど、いざ着いて見るとなんのそのなかなか広い敷地でもちろん自販機や田舎あるあるのヤマザキショップ、観光案内所的なところ、フードコート、お土産屋というラインナップで道の駅好きにはたまらない理想的なTHE 道の駅。

 

 

まあそんなことは置いといて念願の昼食はフードコートの一角のお店で、豚塩だれ丼自家製プリン付き!600円。

 

 

f:id:hikaru0066:20200226214722p:plain

 

 

量も多めで味噌汁や漬物付き、極め付けにはよくあるデパ地下のプリンに負けず劣らずの自家製プリン!

 

 

これで600円は本当安いしうまい。

ごちそうさまでした!

 

 

お腹も満たされ次は眠気と戦いながら1日目の宿がある山口県宇部市に向けて再出発!

 

 

ここからは2時間ぐらいだったかな?

 

 

無事宇部市のホテル着。

 

 

なんで宇部市で宿を取ったかって、別に特に理由はないですが宇部市で激安のホテルが見つかり2日目の行き先は山口県下関だったので途中下車的な気持ちで宇部のホテルを選びました。

 

 

宇部ってどんな場所かも全く知らず、確か高校野球が強くて甲子園の時期などによく耳にする宇部商業高校?があるっていうことぐらいしかわからない。笑

 

 

ホテルで2時間程度休憩しお腹が空いてきたので

 

 

晩御飯は事前に決めていた多分宇部市民のソウルフードであろう宇部ラーメン

 

 

 

ネットで宇部ラーメンについて軽く調べたところ「マズウマ」「臭い」など気になるワードがちらほら。

 

 

美味しいラーメンを食べに行く!というよりまだ未開拓の味を求めに行くという興味本位の気持ちで向かったのが宿から徒歩7分の場所にある「一久 新川店」さん。

 

 

 

グーグルナビを見ながら迷いながら歩くこと15分。

 

 

 

「一久」の看板を発見!!

 

 

f:id:hikaru0066:20200226214928j:plain

 

 

と同時に襲いかかってきた野外まで溢れ出す、独特の宇部ラーメンの匂い。

 

 

誰でも経験あるだろう、豚骨ラーメン屋の前を通りがかる時に店内から外までくる豚骨ラーメンの匂いを想像して頂けたら分かりやすいと思います。笑

 

 

でも豚骨ラーメンの匂いとは違う。

 

 

 

ということで入店。

 

 

二人共、1番スタンダートなラーメンと焼めしを1つ注文して待つこと10分。

 

 

f:id:hikaru0066:20200226213642j:plain

 

 

「お待たせしました〜」と運ばれて来た宇部ラーメンとついにご対面!

 

 

f:id:hikaru0066:20200226212749j:plain

 

 

ワクワクドキドキしながら彼女と「いっせーのーで!」でまずはレンゲで汁を一口。

 

 

 

 

ん!?マズ!!!!

 

 

 

思わず眉間にシワを寄せて無言で顔を見合わす。

 

 

 

食べた人にしか分からない、味わったことのない類を見ない独特の風味。

 

 

 

気を取り直してもう一口。

 

 

 

あれ!?うまい??

 

 

 

僕たちもこの宇部ラーメンのトリックの解明は未だできてないんですが、驚くことにマズい!!と感じるのは一口目だけなんです(もちろん人それぞれ味の好みはあると思いますが)。

 

 

2口目以降は美味しく食べれたのであっと言う間に完食。

 

 

味がどうこうよりも、何より普段味わえないラーメンに出会えたことが1番の感激でした!

 

 

山口旅行や宇部周辺に行かれることがある方は是非一度この宇部ラーメン試をしてみてください!経験としても話のネタとしてもかなりおすすめです!もちろん味も美味しいですよ!

 

 

その後は周辺を散歩してみるつもりだったんですが、寒かったのでホテルに直帰して1日目終了でした。

 

 

 

続く。